投稿日:

空き家を解体工事しないことで生じるデメリット

こんにちは!
拠点を岡山県笠岡市に構える、株式会社コウケンです。
笠岡市や福山市にて、解体工事やトイレリフォームなど行っております。
今回は、空き家を解体工事しないことで生じるデメリットについてお話しいたします。
解体工事を行うか悩まれている方は、参考にご覧ください。

日本における空き家問題

家屋解体工事
現在日本で、空き家の増加が問題視されているのはご存じでしょう。
空き家が増加する理由は、人口減少や都市部への移住などさまざまです。
総務省の統計によると、2018年時点で全国の空き家率は13.6%に達し、このまま放置すれば、2025年には約1,000万戸の空き家が発生すると予測されています。
そして空き家は、所有者や周辺住民にとってさまざまなデメリットをもたらします。

解体工事をしないデメリット

空き家を解体工事しないことで生じるデメリットは、次のようなものです。

維持管理に手間・費用がかかる

空き家は、定期的に清掃や点検を行わなければなりません。
また、固定資産税などの税金も支払わなければなりません。
さらに、台風や地震などの災害が発生した場合は、修繕費用も発生します。
これらの維持管理には、手間だけでなく費用もかかり大きな負担となるでしょう。

倒壊・破損によるトラブルがおこる

空き家は、長期間放置すると老朽化や劣化が進みます。
屋根や壁が崩れたり、窓ガラスが割れたりすることで、周辺住民や通行人に危害を及ぼす可能性があります。
また、火災や水漏れなどの事故が発生すると、隣接する建物や道路にも被害を与える可能性があるでしょう。

害虫や害獣による衛生的な被害がでる

空き家は、害虫や害獣の住みかとなりやすいです。
ネズミやゴキブリなどの害虫は、食品や衣類を汚したり噛みついたりするだけでなく、病原菌や寄生虫を媒介することもあります。
イノシシなどの害獣は、農作物や家庭菜園を荒らしたり、人に襲いかかったりすることもあります。
これらの害虫や害獣は、周辺住民の生活環境や健康に悪影響を及ぼすでしょう。

空き家の解体工事はご相談ください

御見積書と白い電卓
以上のように、空き家を解体工事しないことで生じるデメリットは多岐にわたります。
空き家を解体工事することで、これらのデメリットを回避できるでしょう。
また、土地を売却したり賃貸したりすることで収入を得られます。
株式会社コウケンでは、笠岡市や福山市などの地域で解体工事を手掛けております。
お困りごとがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

【求人】施工管理・現場スタッフを求めています

弊社では現在、解体工事や基礎工事、トイレリフォーム工事などに携わってくださる施工管理・現場スタッフを募集中です。
弊社では、仕事に対する情熱や向上心を持った方を歓迎しております。
未経験から手に職をつけたい方も成長を感じられる環境です。
少しでもご興味がある方は、お気軽にご応募ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

株式会社コウケン
【本社】
〒714-0055  岡山県笠岡市生江浜946
電話:0865-66-2552 FAX:0865-75-0212

【事務所】
〒714-0071  岡山県笠岡市東大戸990-2
電話:0865-75-0211 FAX:0865-75-0212

【営業所】
〒715-0004  岡山県井原市木之子町3981-1
電話:0866-62-8171

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

岡山県笠岡市 農道路肩修繕工事 

岡山県笠岡市 農道路肩修繕工事 

  こんにちは。株式会社コウケンです。 2023年も残すところ一週間と1日になりましたὝ …

専務。。。

専務。。。

こんにちは(‘ω’)ノ(株)コウケンです 今日は弊社の専務の紹介です☆ 【仕 …

岡山県笠岡市  T様・畑への給水装置工事

岡山県笠岡市  T様・畑への給水装置工事

  岡山県笠岡市のT様より給水装置工事を承りました。今回、依頼を頂いたお客様は自宅と畑が離れた場所に …